-------- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2007-12-03 Mon
観戦、道リーグ、セカンドステージ第5節
フットサルコート 昨日、札幌市南区体育館で行われた、
道リーグ、セカンドステージ第5節を観戦に行ってきました。
高校時代の同級生と以前在籍していた社会人サッカーのメンバーが現在所属している
「R・E・D (アール・イー・ディ)Futsal Club」の応援がその目的でした。

対戦相手は、第4節までセカンドステージ3位、年間総合順位5位の「AFC」。
対する「R・E・D Futsal Club」は、セカンドステージ8位、年間総合順位9位と苦戦が予想されていました。

〈 試合内容は 〉

前半序盤からフットサル巧者の「AFC」がボールを支配し得点のチャンスを窺うという展開。 対する「R・E・D」は、早いボールへの詰めを徹底し、開いたスペースやポジショニングの不備を、お互いがカバーリングし合うことによって、「AFC」の得点のチャンスを潰していくという展開でした。

そして前半の中盤から後半は、

献身的にボールへのチェックを繰り返す「R・E・D」の守備が実りだし、徐々に「AFC」からボールをインターセプトする回数が増加。「R・E・D」はカウンターから、「AFC」はボール回しから、得点の機会を作り出す、一進一退の攻防へと移り変わっていきました。

そして・・・

ついにカウンターから、「R・E・D」が先制。soccer
そのままこの一点を守りきり
1-0で「R・E・D」が勝利 をつかみました。


〈 試合の総評としては 〉 / あくまでも私見ですが

フットサルの技術や戦術に関し、その不足を認識(今期が始まる前迄、サッカーを本業としていた選手が殆どである為)している「R・E・D」が、そのことを補うために、自分たちの勝っているスタミナやフィジカルを活かしながら、攻守の切り替えに高い集中力を維持できた事。
ベンチを含むメンバー全員が、声を掛け合う事によってコミュニケーションを取り合い、ポジショニング等の不備を補いながら、「堅守からカウンター」というチームの目的意識を高レベルで実現できた事が、最終的には、「AFC」のミスを誘発させるだけでなく、「R・E・Dの選手」各々のスタミナやフィジカルという高いポテンシャルを引き出し、「AFC」のフットサル技術、戦術を凌駕、最終的には試合の流れを完全に引き寄せる事に成功、というのが、今回の勝利に繋がった最たる要因だと思っています。

今回の勝利で「R・E・D」はセカンドステージ6位と順位を2つ上げましたが、年間総合順位9位と変わらずまだまだ苦しい戦いが続く事が予想されます、この試合を良い切欠として、道リーグ残留と今後すべての試合での勝利を目指して頑張ってほしいと思っています。


〈 今回の試合を観戦してみて 〉

色々面でRa★vonaRVにも共通する面と、取り入れたい面が少なからずありました。
(詳しい内容は今後、練習で)

そして何より、久しぶりに会った同級生と元チームメイトの真剣にプレーする姿、
試合後の、

5-0の大量点で勝つより、
1-0で勝ったほうが嬉しい


という今回の試合を物語るような一言がとても印象に残りました。



俺たちも負けずに頑張ろう




にほんブログ村 サッカーブログ フットサルへ
↑ Click♪
スポンサーサイト
別窓 | 「?の呟き」 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| Ra★vona、ロッカールームでの「呟き」 |

nike.JASARI+

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。